【アート】シュールレアリスム展2011/05/04

シュールレアリスム展
当初5月9日までの開催と聞いていたので、新規事業準備で超多忙の日々の中で「シュールレアリスム展」になんとか駆け込む(5月4日・国立新美術館)。

じつはつい先日知ったのだが、英『Art News Paper』によると、日本は6年連続で美術鑑賞人口世界一の国だという。ほぉ、という感じだが、本展に足を運び、改めてその美術熱を目の当たりにした。

チケット売り場こそそう混雑ぶりは見られなかったものの、展覧会入り口は人が群れを成し、会場に足を踏み入れればもう列をなして作品に群がるという様相。へぇー、こんな訳のわからない前衛(失礼)に、なんでこんなに人だかりが出来るの!? という感慨も。

この熱気は、上野で観た若忠展以来か…。

その人気ぶりを分析できるほど、ワタシは美術情報通ではないが、近年のアート・ブームともいうべきモダン・アートに対する熱い視線は、各種の展覧会でも肌身で感じていた。

天気にも恵まれたGW最中、震災復興のために街に出よう!というかけ声にも背中を押されたのか、近年のアート界の活況ぶりを象徴するかのような催しとなっているようだ。

さて、その作品群だがパリ、ポンピドゥセンター所蔵作品から、約170点を一挙に公開したというだけあって、量的にも質的にもたしかにシュールレアリスムの歴史とその世界が俯瞰できる展示になっている。

切り取られた顔が解け出したルネ・マグリッドの「秘密の分身」、白日夢のようなソフティケイトされたジョアン・ミロの「シェスタ」、ポップでキュートなマックス・エルンストの「ユビュ肯定」、不思議な浮遊感を漂わせるルネ・マグリッドの「夏の行進」といった多様な作品たちが、ワタシの脳内を心地よく刺激する。

絵画だけではなく、マルセル・デュシャンの「瓶掛け」、アルベルト・ジャコメッティの「咽を切られた女」、マックス・エルンストの「クイーンとともにゲームをするキング」、ヴィクトル・ブローネルの「狼・テーブル」といった造形作品にも目を奪われる。

ワタシ的には、シュール化した“巨神兵”のようなアンドレ・マッソンの 「迷宮」や、メタル&トーイで不思議な静寂感を紡ぎ出すイヴ・タンギーの「岩の窓のある宮殿」など、あまり馴染みなかった作家・作品に触れられたことも収穫だった。

一方で、ワタシをシュールの世界に導いたサルバドール・ダリの作品が2点と、ちと寂しい。あのシュールレアリスムを体現したかのような圧倒的な存在感、ギミックに溢れた世界観を妄想する御大の、その魅力のごく一端しかここでは堪能できない。

もちろんそれは本展の企画意図とは外れるし、そうした“目玉商品”がなくても、現在に至るまで、世界中のさまざまな分野に影響を与えたこの震撼すべきこの“アート・ムーブメント”を体感できるイベントになっていると思う(5月15日まで会期延長)。

「シュールレアリスム展」の参考レヴュー一覧(*タイトル文責は森口)
「シュルレアリスムの影響とその意義を明らかにしようとするもの」-- 弐代目・青い日記帳
「なぜか癒される『シュルレアリスム展』」--続・カクレマショウ
「反合理主義、シュールに共感」--asahi.com(西田健作氏)
「近代と現代とをつなぐ重要なジョイント」--PEELER(菅原義之氏)

↓応援クリックにご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yui-planning.asablo.jp/blog/2011/05/04/5845017/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 弐代目・青い日記帳  - 2011/05/05 00:09

国立新美術館で開催中の
「シャルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―」に行って来ました。



1977年に開館したパリ、ポンピドゥセンター。近現代芸術の殿堂として今ではすっかりパリでもお馴染みの存在に。若い時分は、ここに行くだけで何かしら大きなモノが得られる気がしたもの。初めてパリへ行った時もルーブルよりもまず先に向かったのがパリ国立近代美術館でした。

今回の「シュルレアリスム展」ではポンピドゥセンターが所蔵する800を超えるシャルレアリスム作品の中から約170点が六本木へやって来てます。


ポンピドゥ・センター外観 (c)読売新聞社

これだけ、まとまった形でシャルレアリスムの作品を体系的に網羅すること本場ポンピドゥセンターへ行っても叶わないことです。海外のみならず美術館の所蔵作品まとめて観るチャンスそうそうありませんからね。

シュルレアリスム運動の中心人物であったフランスの詩人、アンドレ・ブルトンが1924年に「シュルレアリスム宣言」をしてから彼の死(1966年)までの40年以上に渡る長く複雑な芸術運動を、本家ポンピドゥ・センター所蔵の優品たちで顧みんとする、実は大変贅沢な展覧会なのです。


アンドレ・ブルトン『シュルレアリスム宣言・溶ける魚』
パリ、サジテール刊

本で読んだこと、何かの折に耳にしたことあってもきちんとこれだけの作品を直に観た方そうはいないはず。自分の好きなマックス・エルンストの「キマイラ」一点観られただけでも十分満足。

また、自分のようにシュルレアリスム(シュールレアリズム)の一端しか興味関心が無いものでも、「繋がり」や「関連」を明確に示した展示ですので意外なほど楽に鑑賞出来ました。尤もそれが災いして予定していた時間よりもかなり喰ってしまいましたが。。。


ジョージ・プラット・ラインズ撮影
「1942年のピエール・マティス画廊におけるアンドレ・ブルトンとほかのシュルレアリストたち(マッタ、セゼール、タンギー、デュシャン)」

この展覧会ほどチラシやポスターはたまた公式サイトの情報からでは、内容を知ることが難しいもの他に無いかもしれません。行ってみて納得。そして大満足を得られるはずです。

展覧会の構成は以下の通りです。

1:ダダからシュルレアリスムへ
1919-1924
2:ある宣言からもうひとつの宣言へ
1924-1929
3:不穏な時代
1929-1939
4:亡命中のシュルレアリスム
1939-1946
5:最後のきらめき
1946-1966

「シュルレアリスムは20世紀に文学、美術、音楽など幅広い範囲で広まった芸術運動のひとつです。本展はダリ、マグリット、ミロ、デ・キリコなど代表的な作家らの作品約170点によって、シュルレアリスムが近現代芸術にもたらした影響とその意義を明らかにしようとするものです。」

ジャクソン・ポロック「月の女が円を切る」1943年という作品が4章に展示されています。良く知るところの所謂「ドリッピング」で描いた作品ではなく、キャプションが無ければミロか色使いを失敗したピカソにしか見えないような出来栄えです。

そのポロックの作品と並んで、シュルレアリストでアメリカに亡命していたアンドレ・マッソンの作品(「巫女」1943年他)が展示されています。この時点で二人に何らかの交流があったことは明らか。アクションペインティングで名を馳せる前のポロックがシュルレアリスムに大きな影響を受けていたこと容易に想像出来ます。

こうした関連性を頭ではある程度知っていても、実際の作品と対峙し感得可能な機会まぁ滅多にありません。1〜5章までの大きな括りの中に更に細分化されテーマ毎に展示されているので、し易いかと。


また、今回の音声ガイドは初めて画面付きのものが採用されています。それぞれの画家たちの相関関係もこれなら一目で理解出来ちゃいます。

シュルレアリストたちにとって、その時代の課題が何であったのか(各章毎の重要な概念)も捉えやすい工夫が各章の導入でなされています。いずれにせよ「現実を変えよう。世界を変えよう。」という基本意図が彼らにあったことは事実。

本当は今こそ変化せねばならぬ時にも関わらず、能天気に自堕落的に毎日をだらだら過ごしている現代人だからこそ、重い腰上げて観に行かねばならぬ展覧会なのかもしれません。

そう、20世紀に興ったキュビズムやフォービズムなどの芸術運動と比べても遥かに長命であったのですから。シュルレアリスム運動。彼らが目指したように「新たな自分を作りだす」契機になるはずです。

まぁ、理由なんて後まわしにし、とにかく行くべし!「シュルレアリスム苦手!」と言って憚らない女の子強引に連れて行ったけど、帰りがけにはしっかり図録買うほど感動してました。


「シュルレアリスム展 
―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―」

会期:2011年2月9日(水)〜5月9日(月)
会期延長決定!→5月15日(日)まで
毎週火曜日休館 ただし5月3日(火・祝)は開館
開館時間:開館時間 午前10時〜午後6時 
※金曜日は午後8時まで。入場は閉館の30分前まで。
会場:国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
http://www.nact.jp/
主催:国立新美術館、ポンピドゥセンター、読売新聞社、日本テレビ放送網
後援:フランス大使館
協賛:大日本印刷
協力:ソニー・クリエイティブ プロダクツ
監修:ディディエ・オッタンジェ氏(ポンピドゥセンター・パリ国立近代美術館 副館長)
南 雄介(国立新美術館 学芸課長)
展覧会のお問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会公式ホームページ http://sur2011.jp/

ミュージアムショップはとてもシンプルな作りでした。余分なもの一切省いたような潔さがあります。ポストカードはかなり種類も豊富に揃えてありました。


また、シュルレアリスム関連の書籍が充実。印象派の展覧会と違い、鑑賞後何かしらのテキスト読みたくさせる展覧会です。

注:会場の画像は内覧会時に主催者の許可を得て撮影したものです。

Twitterやってます!
@taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2416

JUGEMテーマ:アート・デザイン

現実に内在し、ときに露呈する強度の現実としての超現実―シュルレアリスム。20世紀はじめに登場したこの思想と運動について、ブルトンやエルンストを中心に語り、さらに「メルヘン」「ユートピア」へと自在に視野をひろげてゆく傑作講義。文学・芸術・文化を縦横にへめぐり、迷路・楽園・夜・無秩序・非合理性などをふたたび称揚するとともに、擬似ユートピア的な現代の日本を痛烈に批判する。いま、“幻想を超えて生きるには”。