【写真】竹内敏恭写真展「石巻2002-2010」2011/04/14

竹内敏恭写真展「石巻2002-2010」
廃屋となった造船所、昭和にタイムスリップしたようなストリップ劇場の看板、うらびれたポルノ映画館の前を通り過ぎる女子高生…。モノクロに焼かれた35枚の写真たち。

タイトルを付ければ「石巻残照」といったところか。

おそらく撮影者である竹内敏恭氏もそのような思いで、このひなびた港街を愛し、斜陽となった造船の街を歩き、その寂しげながら風情ある街の姿をフィルムに焼き付けてきたのではあるまいか。

写真展「石巻2002-2010」(コニカミノルタプラザ)は、そうした写真展になるはずであった…。そう、なるはずであった、のだ。

ところが今、この写真たちはまったく違う視点で視られている。写真の意味が、3月11日以前とそれ以降では、まったく違うものになってしまったからだ。

この愛おしい景色たちの多くを、ワタシたちはもう、視ることができない…。
食い入るように写真を見つめていたギャラリーの一人が呻くようにつぶやく。
「どれも今となっては貴重な写真だ…」。

自然の猛威が、文化・芸術の意味をかくも変えてしまう、その希有な例としてこの写真たちは存在する。人びとの暮らしのなかで、生きていくなかで、改めて写真、そして芸術の意味を考えざるをえないワタシたちがいる。

本展での説明文によって、ワタシは初めて元は廻船問屋だったという陶器店「観慶丸」が昭和初期に建てられた、宮城県内でも貴重な洋風建築であることを知った。

その雄姿はワタシたちの記憶と共に、フィルムに焼き付けられ、このモノクロのリアルな姿で後世に伝えられることになるだろう。
ワタシも彼の人同様「今となっては」というありていな常套句しか思い浮かばないが、やはりこれは「貴重な記録」と言うしかない(4月12日)。*写真展は、4月21日まで

↓応援クリックにご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

【写真】鈴木清写真展「百の階梯、千の来歴」2010/11/12

鈴木清写真展「百の階梯、千の来歴」
千代田アーツ3331でのトークイベントで、写真評論家の飯沢耕太郎氏が告知していた鈴木清写真展「百の階梯、千の来歴」が開催中だ。なぜか今まで足を運んだことのなかった国立近代美術館まで、それを観に行く(11月11日)。

写真の世界はほんとうに疎く、「鈴木清」の名も前述の飯沢氏によって初めて知った次第。したがって、その撮影技術だのアングルだの云々について、ワタシはコメントする立場にない。しかしながら、そのザラザラと温かい不思議な魅力を持つ作品たちは、やはりワタシを語らせてしまう…のだ。

美術館のガイドによれば、「写真集独特の可能性を、ひときわユニークな手法で探究しつづけた写真家」が鈴木だという。たしか、前述のトークイベントでも、赤々舎代表の姫野希美氏が「写真展で写真を見るよりも、写真集が好き」と発言していたが、ワタシも同感で「綴じられたページをめくることで現われるイメージどうしが、連鎖し、響きあい、そこにひとつの小世界が立ちあがる」写真集に愛着がある。

その「書物」としての写真集にこだわった鈴木の8点の作品をすべて揃え、手にとって視ることが出来るのも、この写真展の大きな“成果”だろう。それは、8点中、7点が自主出版によるもので、多くの人がその「書物」を目にすることが出来なかったからだ(という)。
その貴重な「書物」を手袋をはめて閲覧するというのもまた、写真展らしからぬ厳粛な体験だ。

そうしたなかでも、手作りされたダミーの「書物」には、文字の指定やらテキストの修正やら校正“”がびっしりと入り、すでにそれだけで鈴木の“執念”と“愛”を感じさせる鬼気迫る「作品」となっている。

しかし今回、その歴史的発掘ともいうべき写真集たちの魅力よりも、ワタシは「書物」から解き放たれた鈴木の作品たちに、より惹かれた。

やはり印象に残るのは、復刻もされた第一作の『流れの歌』に掲載された写真たちだ。
汗だらけ炭まみれの炭鉱夫、快活に笑う女工、おどけた旅芸人やプロレスラー、そして洗面器の水に浮かべられたつけマツゲ…。 炭鉱で働き、暮らす人びとと、その暮らしの中に息づく“道具”たちまでの日常風景が、匂い立つように、その湿度さえ捉えたかのように写し出される。

アジア諸国を放浪した他の写真集もそうだが、ピントは外れ、ときには露出過多、あるいは薄暗い写真は、まるでスナップのようでもあるが、断じてそれはスナップ写真などでは断じてない。
鈴木のカメラは“凝視”し、被写体を見つめ、見つめられる。そこに写されたモノ、すべての“いのち”を吸い出すような魂を込めて…。

そこから立ち上がるのは、“俗”なる“聖”ともいうべき、愛しき人びとの生の営み…。そこに、ワタシも含めて多くの人が惹きつけられるのだろう。

◆鈴木清写真展「百の階梯、千の来歴」のおすすめレビュー一覧
Art inn(鈴木正人)
フクヘン(鈴木芳雄のブログ)
With Zakka diary +
atsushisaito.blog

↓応援クリックにご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

【写真】写真集を作る前に知っておきたい幾つかのこと2010/09/20

Antoine d'Agata Vortex
千代田アーツ3331を訪れたついでといっては何だが(失礼)、同会場の1F ラウンジ で開催されたトークセッション「写真集を作る前に知っておきたい幾つかのこと」に参加(9月18日)。
写真評論家の飯沢耕太郎氏、木村伊平衛賞を連発している赤々舎代表の姫野希美氏、丸善のバイヤー・山地恭子氏が、写真集の現在と未来、とり巻く状況などを語った2時間のトークライブで、会場にはカメラマンや編集関係者とおぼしき100人近い参加者が熱心にトークに耳を傾けた。司会は、雑誌「ecocolo」発行人で3331コーディネーターの粟田政憲氏で、ネット駆使しながら関連する事項をスクリーンに映し出しながらの進行(GJ)。
今回はレビューというよりも、以下その簡略な報告。なお各人の発言は大意で、正確でない場合もあると思うがご容赦いただきたい(敬称略)。

「写真集には一過性でない魅力がある」と飯沢が切り出せば、姫野は「写真展で写真を見るよりも、ページをめくる生理感覚で写真集が好き」として、「見たことのない写真、出会ったことのない写真」を写真集にしてきた、とその編集ポリシーを語る。
山地は書店で、どのような写真集を注文し、棚に並べるか、その部内会議の様子など内情を語る。
「写真集は写真家だけでなく、編集者やデザイナー、印刷業者などさまざまな人たちによる協同作業によってつくられる団体競技みたないなもの。だから写真家は鍛えられる」と笑いとばす飯沢だが、同時に「高い、重い、かさばる」と、“嫌われ者”の写真集の現状も指摘。
こうした状況に対しては姫野は、「『写真集を贈りたい人にプレゼントする日』をつくるなど、業界の横断的なキャンペーンやフェアや必要」と言えば、飯沢が即座に「全面的に賛成。今日からそれをやろう!」と呼応する。
ワタシが聞いてみたいと思っていた電子出版との関わりについても言及した。
「電子出版を試してみたい気持ちはある」(姫野)、「電子出版はどんどんやったらいい」(飯沢)と、電子出版に対して前向きな意見が聞かれた一方で、「電子出版に向いた写真があると思うがまだ見つけていない」(姫野)、「自分が電子出版の写真を評論する気はない」(飯沢)、「丸善に来るお客さんは年配の方が多いのでまだ現実的ではない」(山地)と、やはりまだ手さぐり状態のよう。
「まだまだ(写真集を見る)アプリがない」(飯沢)というが、ワタシだって写真集をi-phoneやi-padで見たいとは思わない。ただ、例えば現在のデジタルフォトフレームがもっと大型化し、壁かけ式になったらどうだろうか? i-padにダウンロードした写真集をフォトフレームに無線で飛ばせば、そこでプライベート写真展ができる。フォトフレームの特性よろしく写真が次々に変化していく…そんな使い方が出来るようになれば、また新たな「写真集の意味」が発見されるのではないだろうか?
あるいは、ネット上に転がる著作権フリーの画像を集めてお気に入りのデジタル写真集をつくる。それをまたネット上に公開する。ワタシは「写真集の未来」として、そんな妄想を膨らませてしまうのだが…。

後半はビールも投入され(笑)、3者のトークもますます冴えわたる。
ワタシ的には、姫野が言う「アイドル写真集はアートの棚には置かれない。アイドル写真集売り場に置かれるような写真集をつくることで、今まで写真集を興味がなかった人たちを惹きつけたい」という、マーケットを広げようとする姿勢に強い共感を覚えた。
さて最後に、会場からの質問「好きな写真集を一冊挙げたら?」への回答をここ記しておこう。
姫野… 『Vortex』 (渦) アントワーン・ダガタ
飯沢…ライアン・マクギンレー
山地…『空の名前』 高橋健司(角川書店)

↓応援クリックにご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

最近読んだ本2010/05/22

『クズが世界を豊かにする-You Tubeから観るインターネット論』
(松沢呉一著・ポッド出版)
(既にどなたかが指摘しているかもしれないが)この人の偏執的なこだわり・モノゴト追及癖は、広瀬隆の影響を受けているのいではないか…と思わせるが、今回はYou Tube観察記。You Tubeと企業広報のカラクリ、そしてメディアとしての可能性をその膨大な見聞記録から繙く。

『浅田家』浅田政志著(赤舎)
この写真集に最後まで目を通した人は、誰もが幸せな気分に浸れるのではないだろうか?あるいは、改めて「幸せ」とは何か思うのではないだろうか? と思わせる浅田一家のなりきりぶりは本当に、スバラシイ!「写真の力」を改めて気づかせてくれる逸品。

『アンナの土星』益田ミリ著(メディアファクトリー)
天文好きの兄を持つ少女と同級生と家族の物語。行き難さを感じる(この年頃はみんなそうか)少女の成長物語だが、(もちろん作者はそこを狙っているが)浮世離れした兄の存在がうまく活かされるいる。

最近読んだ本2010/05/07

著者は、前著を指して「落語でも音楽でも、初心者は『誰を聴けばいいの?』というところから入るので、ライヴに足を運んでもらうためのガイドとして、僕は『この落語家を聴け!』を書いた」としているが、本書はそうした初心者向けガイドから更に、すでにライヴに足しげく通っている中高級者に向けた落語家インタビュー集。前著では自身の言葉で語った落語の魅力を、演者自身から語らせようという試みだと思うが、いや~、語られる内容がディープで!
( ^ ^ ;

『この写真がすごい2008』(大竹昭子著・朝日出版)
都築響一、十文字美信、澤田知子といったワタシも知っている著名写真家から、3歳の子どもが撮った作品(?)まで、著者が感性とバランス(?)で選んだ100点の写真がズラリ。おっ、と驚いたり、クスリと笑ったり、ページをめくる時間はまさに至福の時(^_-) 。ありそうでなかった写真集+エッセイ。

『夏の庭 The Friends』(湯本香樹実著・新潮文庫)
映画化もされた日本版『スタンド・バイ・ミー』的な少年(子ども)たちを主人公においた冒険&成長物語・老人交流版。解説の久保キリコも触れているが、細部の描写が活きたエンターテインメント小説。

【本】最近読んだ本2009/12/24

恋の花詞集―歌謡曲が輝いていた時 (ちくま文庫)
筑摩書房 著者:橋本 治 評価:★★★★


powered by amalink
1899年(明治32年)の『青葉茂れる桜井の』から始まって1963年(昭和38年)まで、64曲の歌謡曲を編年体で解説・分析・解釈したニッポン歌謡曲史にして大衆論。このホント、博覧強記にして鬼・評論家で、ワタシの知らない歌、エピソード、分析多数でした。

聴いて学ぶ アイルランド音楽 (CD付き)
アルテスパブリッシング 著者:ドロシア ハスト,スタンリー スコット 価格:2,625円 評価:★★★


powered by amalink
本+CD+ネットを連動させた音楽本。講義を元にしているのでちょっと勉強っぽくて辛いけど、こういう形態の書籍は今後増えるかも?

small planet
リトルモア 著者:本城 直季 価格:2,625円 評価:★★★★


powered by amalink
以前から気になっていた実写をミニチュア細工のように撮る手法で、木村伊兵衛賞を獲った若き写真家の写真集。海外にも同様の手法で撮る人もいるようだけど、本城サンが一番ミニチュアっぽくてカワイイ( ^ ^ ; 。巻末の佐藤雅彦氏の解説(?)にもあるように、ワタシたちは画像を「脳」で観ているんだなぁ~ということがわかる写真集。