【映画】ロンゲスト・ヤード2011/09/18

ロンゲスト・ヤード
『ロンゲスト・ヤード』(1974年・監督:ロバート・アルドリッチ)

なぜか縁なく見過ごしていた37年前の作品だが、「スポーツ映画の名作」と謳われるに恥じない爽快な一作だ。

刑務所送りになったフットボールの元名プレーヤー(バート・レイノルズ)が、受刑者チームをつくり、仇ともいえる看守チームと相対するという、言ってみればたわいないストーリーだが、随所に名匠アルドリッチ監督の薬味が効いて厭きさせない。

冒頭で主人公ポールの自堕落な生活ぶりを簡潔に写し出し、続く逮捕に至るまではカーチェイスで楽しませ、刑務所内ではその微妙な人間関係をジョークやウィットで一気に見せてしまう。

一癖も二癖もある受刑者の中から、チームメンバーを選んでいく様は野武士集団を形成していく『七人の侍』からの影響も感じられ、後の『少林サッカー』にも連なる集団形成ドラマの妙がそこにある。

もちろんクライマックスは受刑者対看守の試合シーンで、ブライアン・デ・パルマばりのマルチ画面やサム・ペキンパーばりのスローモーションを駆使して、臨場感あふれる名場面をつくりあげている。

それにしても男臭い映画だ。単に女性キャストが少ないというだけなく刑務所長のエディ・アルバートや看守長のエド・ローターをはじめ、まるで西部劇か犯罪ドラマの如き布陣。

ボールをあれだけ虐待し続けた看守長が、試合後に刑務所長の行為に抗してみせた“スポーツマンシップ”なる振る舞いも、本作観賞後の清々しさに見事に貢献している。

そうした細部に怠りのないアルドリッチ監督の手腕は、後に“女性”を主人公に描いスポーツ映画『カリフォルニア・ドールズ』(1981年)でも十分に生かされている。

↓応援クリックにご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ