【LIVE】FUJI ROCK FESTIVAL '112011/08/02

FUJI ROCK FESTIVAL '11
6年ぶりに「FUJI ROCK FESTIVAL」に参戦(7月29日~7月31日・新潟県・苗場スキー場)。といっても今回は、NGOビレッジでのボランティア参加なのでライブ参戦(チラ観も含めて)は少なかったが、以下簡単にレボート。

【7月29日】
毛皮のマリーズ
雨のフジロック '11の幕開けは、毛皮のマリーズから。志磨遼平(ヴォーカル)が、かつてこのホワイトステージを熱狂させた故・清志郎を思わせるかのような怪演。女性ベーシスト(栗本ヒロコ)も含めたビジュアルの弾けっぷりも、この野外フェスの雰囲気にぴったり。
リー・スクラッチ・ペリー wtth マッド・プロフェサー
「レジェンド」の域を出ずに、昔の名前で出ています…今の時代、もっと重低音を効かせなきゃ。
Amadou & Mariam
ワタシもノーチェックだったマリ出身のデュオが、この日の拾い物。アフリカン・ポップとして、さほどの目新しさはないが、リズミックでいながら軽やかなライブ・パフォーマンスは十分に楽しめた。

【7月30日】
少年ナイフ
噂の生ライブに接したことのなかったが、なるほど欧米での人気の秘密はそのキュートさとケレン味か。
LITTLE CREATURES
評価の高いトリオだが、ワタシはCDを聴いてもいまひとつで、ライブでもその印象は変わらず…。
岡林信康
今の岡林氏の音楽にはほとんど興味がないワタシだが、かつての“フォークの神様”が、フジロックの若者たちにどのように受け入れられるのか、興味津々だったが…。いやいや、フジの若者はアッタカイねぇ。演やっていることは上々颱風に遅れること30年だが、和太鼓や尺八、津軽三味線、チャングまで動員してのエンヤトット・リズムに会場は大いに盛り上がる。岡林氏もきっと嬉しかったろうな…。
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN
こちらもCDは今ひとつで、いい線までいくのに最後に弾けさせてくれないというか、カタルシス不足。残念ながらその印象はライブでも変わらず。
ASIAN DUB FOUNDATION
残念ながらラスト1曲しか聴けなかったが(笑)、さすがの貫祿、さすがのパフォーマンス。

【7月31日】
Nabowa
京都からやって来たオーガニック系ジャム・バンド。うーん、悪くはないのだが、どうしても同じオーガニック系のSpecial OthersやヴァイオリンのフュチーャーがROVOを想起させ(ワタシら世代にはI'ts A Beautiful Dayも!?)て、ちょっと損をしているというか、もうひと工夫の個性が欲しいところ。
GOMA & The Jungle Rhythm Section
じつはワタシが最も期待をしていたライブがこれ。交通事故の後遺症による記憶障害から、見事に立ち直って本人も号泣のパフォーマンス。怒濤のリズムのなか、GOMAの吹く重低音のディジュリドゥが森の中に響きわたり、会場(フィールド・オブ・ヘヴン)はナチャラル・トランスの坩堝。まさに唯一無比の存在。復活おめでとう!
TINARIWEN
サハラ砂漠の遊牧民族がそのままフジロックのステージに挙がったかのようなTINARIWEN(ティナリウェン)。その出で立ちといい、独特の「砂漠のブルース」といい、やはりフジロックにぴったり。
CORNERSHOP
UKインド人兄弟によるCORNERSHOPもそれほど新味はないが、シタールを取り入れた「ノルウェーの森」や、ヒット曲「BRIMFUL OF ASHA」を持つ強みもあって、やはり会場をその名の通りヘヴン状態に。
ALTZ
やや期待した日本のアーティストだが、クラブ・フロアでのプレイ(?)は凡庸にしか聴こえなかったのだが…。
くるり
ラストの数曲に駆け込んだが、すごい人気ぶり。でも、ワタシには中越地震チャリティ(2004年・横浜)での火の出るようなライブの印象が強すぎて、最近のくるりはなんだか青春フォーク・バンドのようで…。
TOWA TEI
もしかしてバンドセットで演るのでは? と覗いてみたらDJプレイ。さすがにノセ方は巧いが、残念ながらワタシは途中リタイヤ。

以上が、FUJI ROCK FESTIVAL '11のワタシの簡単な観戦記。
なにしろ3日間、雨が降り続いたというはFUJI ROCK史上初とかで、過酷な状況のなかで、じっと(いや、歓喜のまま)耳や身体を傾ける参加者たちのFUJI ROCK魂に改めて、感服。
観客減が懸念される中で、今年も11万人以上を集め、大きな事故やトラブルもなかった。いろいろな意味で新たなFUJI ROCK伝説をつくった FESTIVAL '11ではなかったと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yui-planning.asablo.jp/blog/2011/08/02/6009451/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。