【アート】小谷元彦展『幽体の知覚』2011/01/24

小谷元彦展 幽体の知覚
六本木ヒルズは物見遊山で訪れたことはあるものの、じつは今まで森美術館に足を踏み入れたことがなく、機会があれば覗いてみたいと思っていた。
この度、「幽体の知覚」と題された現代美術家・小谷元彦氏の個展でそれが実現した(1月24日・森美術館)。

1972年生まれ、東京芸術大彫刻科出身で、ヴェネツィア・ビエンナーレをはじめ多くの国際展で活躍していたというこの若い作家については寡聞にして知らなかったが、そのダイナミズムに溢れた作風と、まさに世界を掴まんばかりの才能に圧倒された…。

展示は、レベッカ・ホルンを彷彿させるかのような、身体の“痛み”を感じさせる作品群から始まる。
“天使”のような少女の掌がザクロのように裂けて、血肉がにじむ「ファントム・リム」“大リーグ養成ギプス”を思わせるような「フィンガーシュバンナー」、そしてオオカミの毛皮と頭部をまとい剥製人間と化した「ヒューマン・レッスン」は観る角度によって、怒りや哀しみといった多面な感情が表出される…。

最初の“圧巻”は、巨大なしゃれこうべがくし刺しにされたままグルグルと回転し続ける作品。ワタシたちの、表裏し連続する生と死を暗示させるかのようで、これも相当“痛い”といえる。

池田学氏の緻密画のような、溶解し骨化する生命体が垂れ下がるような作品もあれば、海を漂流するための巨大な木製スカートといった、やはり身体に帰着するユニークな作品が続くのだが、この個展が後世の“語り種”になるとすれば、それは体感する巨大アート「インフェルノ」の豪気と斬新性に他ならない。

滝の映像が流れ続ける、直径6メートルの8角柱の小部屋に入ると、そこは凄まじい映像と轟音の洪水にさらされる。天上と床は鏡ばりで、天空から降り注ぐ滝が足元の奈落の底へ吸い込まれる。その場に立つ自分が、滝とともに下降していくのか上昇しているか、無限空間に放り出されたかのような不安と解放感…。

まさに体感するアート。この特異な浮遊感を体験するだけでも、この個展に足を運ぶ価値がある。
朝日新聞編集委員の大西若人氏は「今どきの3D映画なんて、目じゃない」と評していたが、たしかに国立科学博物館の360度シアターをも凌駕する体感だった。

その後に続く、地獄から甦ったように皮をはがされ、ミイラのようになって武者と馬が疾走する作品などに気押されたまま、「ホロウ」と題された作品群が置かれた一室に足を踏み入れると、そこは個展のテーマたる巨大な「幽体」たちがたむろしていた…。

ユニコーンにまたがったジャンヌ・ダルク如き少女の真白き身体から、無数の霊気(?)がたなびく様(上記画像)は、王蟲(オーム)にかしずかれたナウシカか、はたまた『もののけ姫』のタタリ神か…。
まるで世界をむんずと掴みとるかのような、この作家の意志と迫力に満ちた作品群に酔うことができる。

さらに、太古の生物や深海魚、H.R.ギーガーによるエイリアンのイメージまでが混濁する作品群「ニューボーン」など、刺激的な作品が連らなる。
その量といい質といい、この作家の力量と才を十分に堪能できる個展。

小谷元彦展「幽体の知覚」の参考レビュー一覧(*タイトル文責は森口)
「重力・時間の制約超える快感」--asahi.com(大西若人氏)
「特異な造形美が際立つ軌跡」--毎日jp(三田晴夫氏)
「科学で解明されない世界」--MSN産経ニュース(渋沢和彦氏)
「作品個々のディテールの美しさは圧倒的」--artscapeレビュー(木村覚氏)
「背筋がゾゾッとする彫刻。」--エキサイトイズム(上條桂子氏)
「手法は違っても、一貫したテーマ性」--あるYoginiの日常
「未来へ向けての足がかりとなる展覧会」--弐代目・青い日記帳
「洗練の極みに達した確かな技術を感じさせる作品」--ディックの本棚
「様々な手法によって、目に見えないものを可視化」--Art inn 展覧会レポート!

↓応援クリックにご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yui-planning.asablo.jp/blog/2011/01/24/5648316/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 弐代目・青い日記帳  - 2011/01/25 21:36

森美術館で開催中の
「小谷元彦展 幽体の知覚 Odani Motohiko Phantom Limb」に行って来ました。



2010年森美術館の年間スケジュールが発表になり、小谷さんの個展が名を連ねているのを目にし正直なところ、あの広くボリュームのある会場を埋めるだけの力のある作品、果たして揃うのか老婆心ながら気をもんだものです。

しかし、総じてそんな浅薄な考えは杞憂に終わるもの。鑑賞に十分耐えうる状態でしかと収まっていました。(少々お行儀が良すぎる感もなくはなしでしたが)

作風が常に変化し続ける点に小谷さんの大きな魅力があります。まだお若い(1972年、京都府生まれ。)にも関わらず、これまで世に放ってきた作品は実に多様でバラエティに富んでいます。

専門である彫刻はもとより、写真、インスタレーション、ヴィデオ、それに「編み物」まで。種々雑多で一見捉えどころがないようにすら感じます。


↑クリックで拡大

現代アートの展覧会で小谷さんの作品を目にしない機会の方が少ないと言ってもおかしくないほど、しばしば彼の作品は目にしてきました。

ざっとあげただけでも…

「東京アートミーティング トランスフォーメーション」
TDW-ART「ジャラパゴス展」
「レゾナンス 共鳴」
アートフェア「G-tokyo 2010」
メゾンエルメス「Hollow」
「ネオテニー・ジャパン」
「GUNDAM 来るべき未来のために展」

但し、これ全て作品単体もしくはシリーズものの一端を垣間見たに過ぎません。

つまるところ、「レゾナンス 共鳴」(画像あり)でおどろおどろしい「SP4 the specter ー What wonders around in every mind ー」を小谷作品として初めて接した方と、「ネオテニー・ジャパン」にも出ていた「ファントム・リム」とでは作家に対して持つイメージ大きく違ってしまいます。

(尤も、どちらも痛覚は刺激されますが…)


小谷元彦「ファントム・リム」1997年
高橋コレクション所蔵

そうしたこれまで「点」であった小谷作品をひとまず現時点でまとめ「線」とした今回の展覧会は、これから益々活躍の場を広げて行くであろう、日本人アーティスト小谷元彦を知る上で非常に重要で稀有な機会かと。

つい先日も忘年会の席で数年前に同じく森美術館で開催された「杉本博司展」に話が及びました。あの展覧会を観て体感したからこそ、現在の杉本氏のマルチな活躍を本当の意味で楽しめるのです。

小谷さんの過去の作品を体系的に振り返ると共に、未来へ向けての足がかりとなる展覧会が「小谷元彦 幽体の知覚 Odani Motohiko Phantom Limb」です。

作家、作品、考え方等など好き嫌いは別として、近い未来の自分に投資する意味でも是非観ておく価値あると思います。

「小谷元彦展」は2011年2月27日までです。

その後、森美術館開催の展覧会としては珍しく以下の美術館へ巡回します。静岡県立美術館、高松市美術館、熊本市現代美術館。


「小谷元彦展 幽体の知覚」
会場:森美術館 
東京都港区六本木6-10-1 
六本木ヒルズ森タワー 53階

開館時間
10:00−22:00(火曜のみ17:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
※会期中無休
※年末年始の開館時間(こちら)


小谷元彦「SP2 'New Born' (Viper A)」2007年
ミクストメディア

【小谷元彦:プロフイール】
1972年、京都府生まれ。1997年、東京藝術大学大学院美術研究科修了。ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館(2003年)をはじめ、リヨン現代美術ビエンナーレ(2000年)、イスタンブール・ビエンナーレ(2001年)、光州ビエンナーレ(2002年)など数多くの国際展に出品。主な個展に、「ファントム・リム」(Pハウス・1997年)、「モディフィケーション」(キリンプラザ大阪・2004年)、「小谷元彦/Ho1low」(メゾンエルメス8階フォーラム・2009-2010年)、主なグループ展には、「日本ゼロ年」(水戸芸術館現代美術ギャラリー・1999年)、「現代美術の皮膚」(国立国際美術館一2007年)、「ネオテニー・ジャパン」(鹿児島県霧島アートの森/札幌芸術の森美術館/上野の森美術館・2007-2008年)などがある。

Twitterやってます。
 @taktwi

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=2351

JUGEMテーマ:アート・デザイン