【映画】キャタピラー2010/11/19

『キャタピラー』
『キャタピラー』(2010年・監督:若松孝二)

若松監督は本作の着想を江戸川乱歩の『芋虫』 から得たと語っているようだが、ワタシが真っ先に思い浮かんだのは山上たつひこ『光る風』 だ。もっとも、そもそも山上氏が乱歩作品からインスパイアーされたのやもしれぬが、とにかくこのマンガに登場した“芋虫”のビジュアル・インパクトは強烈だった(多くの人が同様な感慨をもったらしく、ネット上に同様の書き込みがあちこちに散見する)。たしか単行本化されたものを読んだと思うが、当時、中学生だったワタシは本当にその造形と動きにおののいた。

さて、本作ではさらに“動く芋虫”がワタシたちに迫るわけだが、物語の概略はこうだ。
第二次大戦末期、戦争で四肢を失い“芋虫”となって帰還した久蔵(大西信満)は、周囲から“軍神”として崇められる。その“軍神”様の面倒をみることがお国のため、と諭された妻(寺島しのぶ)は、食べることと寝ることしかできない夫に献身的に尽くすが…。

これはもう若松監督の思いが込められた強烈な反戦メッセージ映画だ。“軍神”に象徴される軍国主義の愚かさを、この夫婦、村人ら、そして日本軍の戦地での所業から、これでもかというほど描き出す。
なにしろ当時のフィルムから、臆することなく死骸の山を写しだし、戦犯の処刑シーンまでワタシたちの眼に晒すのだから…。それはもう凄まじいのひと言。
ベルリン映画祭で銀熊賞に輝いたのも、その若松監督の執念にも似たメッセージが世界に伝わったからに違いない。

しかしながら、ワタシにはどうも腑に落ちない場面・展開のいくつかが気になり、諸手を挙げて本作を賞賛する気になれないのだ。

まず冒頭から夫の旺盛な“性欲”が描かれ、そのシーンが何度となく繰り返し描かれる。しかし、世話という面でははるかに大変な“排泄”の処理が溲瓶だけでわりとあっさり描かれているのに比して、それを全面に押し出したのは性=生というメッセージを伝えたいがためだろうか?
それにしても重要な“排泄”を省いた意図がよくわからない。そこを描けば、より陰惨な“生”が浮かび上がっただろうに。

また、妻が“復讐”のために夫を外に連れ出すシーン。
妻がそう思い立った経緯(内面)が描かれず、なにか急に思いつきのように出ていくのが、どうもワタシには流れとしてしっくりこない。

そして、戦地での夫の“犯罪”が何度となく回想シーンとして登場するのだが、この場面がどうも安手のテレビドラマのようで、チープな印象。たしかに“未来”のない夫は“過去”に生きるしかなく、その回想によって次第に精神のバランスを失っていくわけだが、それにしても同じ場面ばかりというのはいかがなものか…。

結末も、日本の軍国主義の敗北とともに、それを体現する“軍神”がああした行動に向かうのもわかるのだが、今ひとつ説得力に欠けるような気がする。
なにより本作は、この夫婦の生活がまるで“密室劇”のように展開するのだ。ならば、その密室なかで次第に二人の関係に“狂気”が孕んでいくという様子がもう少し描かれれていれば、ワタシも納得するのだが…。

それにしても若松監督が本作を寺島しのぶで撮りたかった理由はよくわかる。長回しワンカットのなかで、怒り、悲しみ、恐れといった複雑な感情の流れを、これほど見事に“表情”に顕せる役者はそういないだろう…。
ベルリン映画祭最優秀女優賞もむべなるかなであるし、おそらく本人も苦しんだであろう“越え”を見事に果たしている。

さて、いろいろと疑問を差し挟んだが、やはり本作の“芋虫”と寺島しのぶの“関係”は強烈だったのだろう。中学生当時に戻ったかのように、その映像は脳裏に強く焼きつけられ、ワタシにとっても忘れられない一本になってしまったことは間違いない。

◆『キャタピラー』のお薦めレビュー一覧
映画ジャッジ!(前田有一)
映画ジャッジ!(小梶勝男)
映画ジャッジ!(福本次郎)
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
映画のメモ帳+α
映画的・絵画的・音楽的
LOVE Cinemas 調布
シネマな時間に考察を。
佐藤秀の徒然幻視録
映画評論家 兼 弁護士坂和章平の映画日記
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
映画のブログ
コラムニスト宣言

↓応援クリックにご協力をお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ